ウェルカム・トゥ・ザ・楽しい動物園

alexはどこ行った?

子供の好き嫌いと私の好き嫌い

読了までの目安時間:約 2分

 


子育てに奮闘する姉と、久しぶりに世間話。子供が乳児の頃は、夜泣きが酷くて常に睡眠不足だったようで、いつも疲労困憊って感じでしたが、今は元気そうで安心しました。まあ今でも落ち着きのない子みたいで、大変だとは言っていましたが。

離乳食ももう食べることはなくなって、普通の食事を食べるようになっているらしいですが、好き嫌いが激しいのも困っている様子。玉ねぎやピーマンが特に嫌いで、形が見えると食べようとしないため、食べさせるのに四苦八苦してるようです。ピーマンは基本みじん切りで、玉ねぎはすり下ろして使っているんだとか。

人参は嫌いではあるものの、何とか我慢して食べてくれるのが救いと言っていましたね。正直人参、玉ねぎ、ピーマンとか、大人の私も大嫌いです。いい大人なので、さすがに出されたら食べますけどね。

私も好き嫌いが多いので、食事には苦労したと、母がよく言っていました。今にして思うと子供の頃、家族の誰かが好きというわけでもないのに、カレーが頻繁に食卓に上がったのは、私が嫌いな物を食べさせるためだったのかもしれません。

カレーは味も濃ければ匂いも強いですし、形も見えにくいですしね。なにより子供の嫌いな食べ物の定番、玉ねぎ、人参が入っていて当然なメニューですし、子供の人気は高いです。

そう考えると、カレーで誤魔化すというのは、なかなかのファインプレーな気がしますね。さすが母さん。私が生まれる前から母親やってるだけのことは有ります。

 

この記事に関連する記事一覧